収支報告

2021年3月 各システム(ウルフ、ビースト、Zoo、CR2)結果まとめ

こんにちは。natoです!

3月の各システムの運用結果をまとめました。参考になさってください!!

2021年3月 週報

ウルフ(無料)+8,274.03ドル(月利82.7%)

ウルフ2(上位版)+546,981円(月利54.7%)

ウルフの見解

年度末ということがあり、為替の変動が激しいのですが、ウルフはしっかりと利益出しております。積極的にエントリーするロジックが聞いています。短期的に資金増やすにはオススメです。

ビースト(無料)+519,316円(月利51.9%)

ビースト2(上位版)+76,368円(月利7.6%)

ビーストの見解

3月は苦しい月となりましたが、月単位ではプラスで終えることが出来ました。

全ての投資で言えることですが、目先の利益だけを考えず月単位、年単位で考えることが大切です。EAも裁量でトレードしている人も調子良いときもあれば悪いときもあります。結果としてプラスになれば成功だと考えます。

目先の利益に一喜一憂せずに着実に運用できるマインドを身に着けていきましょう!!

Zoo(EA+プロ相場監視型)+83,134円(月利8.3%)

Zooの見解

他のウルフやビーストに比べれば利益少なめですが、定期預金などよりもはるかに利率高いです!!プロトレーダーの監視機能がついているMAMですので安心感は違いますね。

Cashrich2(バイナリー自動売買)+28,030円

バイナリーはエントリー数少なめですが、プラスで利益出すことが出来ました。

エントリー少ないからといって自分で無理してトレードしても負けてしまいます。利益出したい、毎日エントリーしたいという気持ちを抑えて、待つことも投資では大切なことです。

まとめ

今回の厳しい相場の原因となったことの1つにヘッジファンドの「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」が証拠金追加、いわゆる追証の請求に対応できず債務不履行に陥ったことがあります。

海外のファンドですが、国内でも甚大な被害を受けており、野村証券や三菱UFJ証券ホールディングスなどで巨額の損失の見通しを出しております。特に野村證券の株価は急に下落しており、今回はどこの投資先でも厳しい相場だと考えます。

こういう予期せぬ出来事があるため、生活費などで使用しているお金を投資に使うのはリスクあります。たまにこのEAに人生かけているかのように使用したいと問い合わせされる方が見かけますがちょっとそれはリスクありすぎると考えます。

よく「投資は余剰資金で」と言われるのはこういうところからだと感じます。

各システムをご利用の際は、natoのLINE公式アカウントへ登録し、メッセージをお願いします。有料システムの価格はLINE内でお伝えしますので気になる方はお気軽にメッセージを下さい!!

最後までお読み頂き、ありがとうございます!!

今後もあなたのお金への不安が解消できるような情報を提供していきますので、
よろしくお願いします!

現在、下記のEAを限定で無料配布中です!!

ウルフ
日利6%以上の実績あり!!日給10,000円も夢じゃない!

https://exchlabo.com/tool/wolf.html

ビースト
攻守のバランス整ったEA。こちらも日利6%以上の実績あり

https://exchlabo.com/tool/beast.html

他にも様々なEAやバイナリー自動売買ツールがご紹介可能です。
各自動売買システムに興味を持った方

・○○という案件にLINE登録してしまったけど、大丈夫なのか?
・○○という案件に興味があるけど、LINE登録していいのか?

といった副業案件について相談されたい方は下記、LINEまでお気軽にご登録ください。

LINE公式アカウント友だち追加は↓から可能です!

natoの直通LINE
友だち追加
こちらのQRコードを読ませて頂いても登録可能です。

ID検索では「@934fnezx」と検索して下さい。

旧ライン公式アカウントへ登録された方へ 大変お手数ですが、再登録をお願いします。詳細はこちら