コラム

ユーロドル 今後の見通し【どこまで下がる?】

こんにちは!natoです。

新型コロナウイルスの感染拡大も気になっておりますが

ユーロドルが2020年に入ってから、下げが続いているのも気になっております。

上図はユーロドルを4時間足で見た時のチャートです。2020年初頭に高値出してからずっと下がっております。特に2月になってからの下がりが急です。

こういう相場って順張りでトレードしている人は美味しい相場ですが、逆張りでトレードしている人にとっては損切ばかりでキツイ相場です。2020年初等にショートでポジション持ったら爆益でしたね(笑)

ナンピンマーチンの手法用いているEAですと、含み損どんどん抱えてしまう流れですね。

なぜユーロドルが下がり続けているのか?ネットなどで調べて考えてみました。



アメリカの経済指標が相対的に強い

下記にアメリカの主要な経済指標についての推移が掲載されております。

米国主要経済指標の推移(外部リンク)

https://zai.diamond.jp/list/fxmarket/us

今のアメリカの景気は徐々に良くなっていることで、ドル相場の相手先通貨として取引量が多いユーロが選ばれていて、ドル買いユーロ売りが続いていることがユーロドルが下がっているものだと考えられます。

例えば、失業率は、2019年2月は3.8%だったのが、2020年1月には3.6%まで改善されております。

新築住宅販売件数も669,000件→694,000件と増加しております。

非農業部門雇用者変化数も悪くはなっておりません。

このように、経済指標から見る限り、アメリカの堅調で、どんどんドルを買う人が増えてきていることから現在のユーロドルの動きとなっていると考えられます。

買い戻す理由が少ない

上のようにアメリカ経済が堅調であることや、イギリスのEU離脱など、ユーロ売りの要素が強くてユーロを買う要素が少ないことから下げが続いていると考えられます。

プロのトレーダーの見解も見てもユーロドルを買い戻す要素がないという見解が多いです。

出典:https://zai.diamond.jp/fx

今後、リスク回避の材料が出てくるとドル売りが増えていき、ユーロドルは下げ止まるのかもしれませんが、しばらくはユーロドルの下落は続きそうです。



ユーロドルはどこまで下げるのか?

最悪は1.0500付近でしょうか・・・

理由としては週足のサポートラインが引けるからです。

これ以上下がるともう分からないです(;・∀・)

上図はユーロドルの週足です。赤線で引いた部分が1.0500ラインです。過去の相場を見るとおおよそ1.0500のサポートラインで反発しております。

その前に戻る可能性もありますが、1.0500が一つの目安になりそうです。

あとは1.0600、1.0700、1.0800などのキリ番ですね。

キリ番はよく相場では意識されている部分でこの値を境に相場の流れが変化することもあります。これを用いた手法があの有名な「ぷーさん式 輝」になります。

ウルフは厳しい相場でも着実に利益上げてます

無料FXEA「ウルフシステム」とは?勝てるツールなのか?運用結果含めて紹介こんにちは。natoです。 今回は、月利100%以上の利益実績がある、無料EA「Wolf(ウルフ)」についてご紹介します。 ...

ウルフの上位版のウルフ2もおすすめです!!

ウルフ2 月利90%以上実績!リスク排除の最強EA【自動売買ツール】こんにちは。natoです。 完全無料EAとして、利益率100%超え実績のあるウルフをご紹介しました。 https://exc...

ユーロドルの下落が続いていて厳しい相場なのですが、それでもウルフは着実に利益を獲得しております。中にはドル円を裁量で取引して利確させている方もいます。

ウルフの性質上、一方的な相場の進み方をすると含み損を抱えやすくなってしまうため、裁量で順張りでロングエントリーなどをしてあげると利益を更に出すことができます。

また、資金管理も徹底しており、コミュニティではそのことで話題となっております。今から始める方は少なめのロットで取引したほうが安全かもしれません。

興味のある方は、下記LINEまでお気軽にお問い合わせくださいね☆

最後までお読み頂き、ありがとうございます!!

今後もあなたのお金への不安が解消できるような情報を提供していきますので、
よろしくお願いします!

LINE公式アカウント友だち追加は↓から可能です!

 

PCの方はQRコードから追加できます!

ID検索もできます!
⇒LINE@ID: @641vtsxu