ツール

変則型ナンピンFX自動売買EA【スコーピオンV1.0】

こんにちは。natoです。

今回は、新しい無料FX自動売買自動売買EAのスコーピオンV1.0をご紹介します。

スコーピオンEAはレンジ相場だけでなく、トレンド相場でも利益を出すことを可能にしたEAです。自動トレーリング機能やプライスアクションを用いた変則的ナンピンを行う仕様となっておりますので興味のある方はご覧いただけると嬉しいです。

スコーピオンV1.0 特徴

主な仕様

  • 取引通貨:GBPUSD、GBPJPY
  • 証券会社:FXBeyond
  • レバレッジ:500倍
  • 入金ボーナス:入金額の50%(常時)
  • 想定月利:ローリスク運用で20~50%、ミドルリスク運用で60~100%
  • 最低必要証拠金:10万円(ローリスク運用、0.01Lot運用時)
  • スコーピオンEAは、リスク選択型のナンピンEAとなっております。多くのEAではドル円、ユーロドルを通貨ペアとして選択されるものが多い中、スコーピオンEAはポンド系通貨を採用しております。

    証券会社はFXBeyondを使用します。最大レバレッジは500倍です。

    入金ボーナスは今回、常時、50%とさせて頂きます。10万円入金すると証拠金は15万円となってスタート可能です。

    想定月利はローリスク運用で最大50%、ミドルリスク運用で最大100%となっております。10万円運用とすると、ローリスク運用で15万円、ミドルリスク運用で20万円となる計算です。

    最低証拠金は10万円からとさせて頂きます。証拠金を増やすことでさらにリスクを抑えることが出来たり、Lot数を増やして運用ができます。

    ポンド系通貨の特徴

    GBPJPY(ポンド/円)

    ボラティリティ(価格変動率)が高いことで有名な通貨ペアです。ポンドは英国内での取引が多いため、ロンドン市場がスタートする16時(冬時間は17時)頃から深夜にかけて活発に値が動きやすいです。

    ドル円やユーロドルに比べ、通貨の流通量が少なく、値動きが激しいです。そのため大きな利益が狙えるのがメリットな反面、思惑とは逆方向に価格が進んでしまうと含み損が大きくなります。そのため、初心者では扱いにくい通貨ペアとも言われています。

    ポンドが関わっているため、欧米だけでなく、英国の経済情勢などでも影響を受けます。

    GBPUSD(ポンド/ドル)

    こちらもポンドを扱っているため、値動きは激しい傾向があります。英国の経済情勢で影響ける部分はポンド円と同様です。ただ、ポンドドルとポンド円は相関性が高く、チャートが似たような形状、動きをしやすいです。

    ロジックについて

    スコーピオンEAはRSI、CCI、ストキャスティクスを組み合わせたロジックとなっております。この3つのオシレーターは世界の投資家も使用しているものです。

    この3つのオシレーターの見ている期間を投資家の多くが見ている期間で調整をしており、最適なエントリータイミングでポジションを持ちます。

    スコーピオンEAは順張り、逆張り両方に対応し、機会損失をなくすような工夫がされております。

    エントリーに対してチャートが逆行した際にはナンピンを行います。しかし、一定のナンピン幅でナンピンするのではなく、相場とローソク足の勢いを見ながら、ナンピンを行うか判断しております。ここが変則的ナンピンと呼んでいる理由です。これにより、一定の間隔でナンピンを行うロジックよりリスクを抑えた運用ができます。

    ナンピンを行うか判断するためにプライスアクションを見て判断しております。プライスアクションを取り入れることは非常に難しく、他社のEAでは取り入れにくいものとなっておりますが、このスコーピオンEAではプライスアクションを取り入れております。

    これにより、EAではあるものの、裁量要素が加わったEAとなっております。

    スコーピオンEAはマーチンゲール法(以下マーチン)を使用しません。マーチンを行うとチャートが逆行して戻ってきた際の決済が早くなります。しかし、ポンド系はボラティリティが高く、短時間で2~3円動くことも当たり前に起こるため、マーチンを行うと含み損増大による強制ロスカットリスクが高くなります。

    この理由からナンピン数に応じて適切なロット倍率でポジションを持つ仕様としております。

    ナンピンすることとマーチンすることを一緒に考えている方がいるため、そこは切り分けて考えるようにしてください。

    プライスアクション

    プライス(値段)のアクション(動き)つまり”値動き”そのものを分析してチャートに刻まれた投資家心理を読み解き、相場状況を判断していく分析手法

    オシレーター

    「振り子」や「振り幅」という意味で、投資用語では「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を示すテクニカル分析手法

    利確幅について

    スコーピオンEAは、基本的に利確5pipsでロジックを組んでおりますが、更に利益を出していくためにトレーリング機能を導入しております。

    トレーリング機能により、利確幅5pipsに囚われず、相場が伸びれば伸びるほど大きく利益が取れるようになります。

    先程、上でご紹介したプライスアクション機能をつけることで、ローソク足の勢いを判断してトレーリング機能をONにするか決めているため、常に機能がONになる訳ではないです。

    トレーリング機能

    5pipsの利確幅を超えた際に、利確幅を更新していく機能のことで、更新幅は1.3pipsとなっております。

    更新される毎に、更新した価格帯が決済ポイントになりますので、次の更新ポイントまで到達せず価格が戻った場合でも、直近の更新ポイントで自動で利確されます。

    スコーピオンV1.0 バックテスト結果

    GBPJPY(ポンド/円)

    下図はGBPJPY、直近1年間のバックテストデータとなります。$10,000→$51,202となり、年利で412%、月利平均34%となっております。

    ローリスク運用(0.1Lot)での結果です。

    下図はGBPJPY、直近1ヶ月のバックテストデータとなります。$10,000→$19,854となり、月利98.5%となっております。

    ミドルリスク運用(0.3Lot)での結果です。

    GBPUSD(ポンド/ドル)

    下図はGBPUSD、直近1年間のバックテストデータとなります。$10,000→$51,491となり、年利で414%、月利平均34.5%となっております。

    ローリスク運用(0.1Lot)での結果です。

    下図はGBPUSD、直近1ヶ月のバックテストデータとなります。$10,000→$18,049となり、月利80.5%となっております。

    ミドルリスク運用(0.3Lot)での結果です。

    スコーピオンV1.0 参加方法

    現在、スコーピオンEAは無料でご利用可能ですので、ご希望の方は、下記の私のLINEの公式アカウントへ登録していただき

    「スコーピオン希望」

    とメッセージ頂ければご案内します。

    副業・投資のご相談などもお気軽にメッセージ頂ければお答えします。

    最後までお読み頂き、ありがとうございます!!

    当サイトでは、超優秀なFX自動売買の無料モニターを募集しております。

    このツールを使ってみたい!!という方は下記のバナーからLINE公式アカウントに友だち申請をして頂き、使用したツール名をメッセージで送って下さい

    (例)「ビースト+希望」「半裁量EA希望」

    という感じです。

    また、LINEでは投資で役立つ情報も配信しておりますので

    登録だけでもしてみてください!!

    ID検索では「@934fnezx」と検索して下さい。

    他にも

    ・○○という案件にLINE登録してしまったけど、大丈夫なのか?
    ・○○という案件に興味があるけど、LINE登録していいのか?

    といった副業案件について相談されたい方は、LINEまでお気軽にご登録ください。