ツール

ウルフ2 月利90%以上実績!リスク排除の最強EA【自動売買ツール】

こんにちは。natoです。

完全無料EAとして、利益率100%超え実績のあるウルフをご紹介しました。

無料FXEA「ウルフシステム」とは?勝てるツールなのか?運用結果含めて紹介こんにちは。natoです。 今回は、月利100%以上の利益実績がある、無料EA「Wolf(ウルフ)」についてご紹介します。 ...

これだけでも十分に稼ぐことができますが、利益が取れる分、資金損失のリスクが高いデメリットがありました。

そこでそのデメリットを極力抑えた進化版、Wolf2(ウルフ2)についてご紹介します。

こちらは最強版ということで有料にはなってしまいますが、最初から買っておけば良かったと後悔している方もいらっしゃるくらい破格で、ウルフよりもリターンが早いです。

じゃあ無料のウルフとは何が違うの?

と疑問に思う方もいらっしゃると思いますのでこれからご紹介していきます。

ウルフ2について

無料EAのウルフは「攻撃型ナンピンEA」

となりますが、今回ご紹介するウルフ2は

「適応的リスク低減戦略型ナンピンEA」

です。ウルフのように攻撃でかつ、リスクを低減させながら戦略的にトレードするEAとなります。

相場の集中する売買ポイントを的確に判断しながら、取引を行うため、爆発的な利益を生むことが可能となっております。

なお、ウルフ2も「マーチンゲール法」は使用していないです。

よくEA(無料では特に)では、ナンピンとマーチンゲールを組み合わせたロジックを使用しておりますが、エントリーするほど指数関数的にロットが増える無謀な取引となってしまいます。

私もそのロジックを用いたEAを使用したことがありますが、資金ショートしてしまって止めてしまいました・・・

相場がレンジ状態であれば、ナンピン+マーチンゲールは有効なのですが、相場が一方向に進むトレンド状態になると一気にポジション抱えてしまいます。

そうなると証拠金維持率が保てなくなり、強制ロスカット。これまで稼いだお金も含めて資金が一気に0となってしまいます。

しかし、ウルフ2はマーチンゲールを使わなくても利益を上げることができるEAです。

○ナンピン

漢字では、「難平」と書きます。為替取引の売買手法の1つで、含み損が出ているポジションに対して、新たなポジションを保有することで、平均コストを下げる方法です。

例えば、ドル円を110円で買った後、108円まで価格が下落したとします。
このポジション(ドル円を110円買ったもの)がプラスになるには、ドル円が110円より上昇しなければなりません。
しかし、108円で同じだけのドル買いを行えば平均価格が109円となり、109円まで戻れば損益はプラスマイナスゼロとなります。

このように平均価格を下げることで含み損となったポジションを早く決済できてかつ利益が増える手法です。

理論上、ナンピンは負けない手法です。

しかし、実際、資金は有限であるため、相場が意図した方向とは逆方向に一方的に進みすぎて資金が耐えられなくなってしまうと、ロスカットされるリスクはあります。

○マーチンゲール

カジノやバイナリーオプションでよく使われる手法です。勝負をして負けた時にベット額を2倍にすることで、負けた分を取り戻す賭け方です。

よく無料で出回っているナンピン+マーチン手法は、例えば、ドル円を100円の0.01Lot買ったとして、108円まで下落すれば、さらに0.02Lotで買い、106円まで落ちれば、さらに0.04Lot買い・・・を繰り返していく手法です。1つのまとまったポジションの平均価格が下がり、その平均価格を超えて決済されれば、プラマイゼロになるどころか利益となって返ってきます。今までの負けた分を全て取り戻すことが可能です。

ちなみに、ウルフ2は、エントリー後、レートが逆行したら、倍々でLotを増やす手法をとっておりません。

一部のWebサイトでは、ウルフ2のことを「ナンピンマーチン」として批判している記事がありますので、誤解されないようにしてください。

ウルフにはない4つの機能

ウルフ2はウルフにはない4つの機能が搭載されております。

自動損切機能

ウルフ2では、有効残高の何%になったら強制決済するという機能が追加されております。

そのパーセントの設定は自分で調整可能です。

これにより、証券会社側のロスカットに遭う前に自動損切りして資金を守ることが出来ます。資金を溶かしたくない方にはおすすめです。

週持ち越しオンオフ機能

皆様は窓開けという言葉をご存知でしょうか?

窓開けとは、レートが大きく乖離した状態のことを言います。FXでよく使用しますローソク足は通常、連続した値動きを示しており、ローソク足同士がくっついた状態となっておりますが、月曜日の朝に関しては、そのローソク足が離れ、レートが乖離する場面をしばしば目にします。

出典:https://mituwasou.com/fxblog_beginner/trade/fx-monday-window.html

この窓開けが起こる原因としては週末に行われる選挙、テロ、要人の発言などの大きなニュースが挙げられます。

基本的にFX市場は土曜日の早朝~日曜日の夜までは取引が停止してしまい、売買することができません。

しかし、中東やドバイと言ったイスラム諸国では国民の休日が日曜日ではない国もあるので、日本や欧米諸国が休みの間にも通貨取引の全体量は圧倒的に少なくなりますが取引は行われています。

この休み中でも取引をしている一部のトレーダーの売買により、月曜日の朝に窓が開く原因となります。

金曜日の夜にポジション抱えたまま土曜日を迎えてしまうと土日でトレードはできなくなるため、この間、何か突発的な出来事が起きても何も出来ず、月曜日を迎えて、あまりのレートの変化に資金が溶けてしまうことがあります。

ウルフ2は窓開けによる資金損失を回避するため、金曜日の夜に強制的にポジションを全決済する機能が搭載されております。

曜日毎の時間オンオフ機能

ウルフ2では、例えば、この曜日のこの時間は取引をオフにしたり、逆に特定の曜日や時間のみオンして残りはオフにするという曜日・時間ごとのEA稼働や停止機能が搭載されております。

設定は任意に設定が出来るため、一日EAを動かさない設定も可能です。

例えば、毎月の第一金曜日の夜はアメリカの雇用統計の発表があるため、相場が上げ下げが激しくなるので、取引は昼までにして夜は動かさないようにする設定も可能となります。

アクティブモード

ウルフ2では、アクティブモードという機能が搭載されております。

資金を爆発的に増やしたい人はアクティブモードをONにする、守りながら資金を増やしていきたい人はアクティブモードをOFFにするといった使い方ができます。

アクティブモードのON・OFFの切り替えにより、ポジション数が調整できます。アクティブモードをオフにするとおおよそ、アクティブモードの半分のポジション数となります。

ポジションをあまり抱えないようにして様子を見たい方にピッタリです。

ウルフ2の取引通貨と証拠金について

ウルフではUSDJPY、EURUSDの2通貨のみでしたが、ウルフ2では、2通貨に加え、EURJPY、GBPJPYの4通貨対応となっております。

証拠金はウルフと同様、5万円から可能で利用者が任意でロット設定ができる仕様となっております。(最小は0.01Lot)

ウルフ2のバックテストについて

ここで、ウルフ2のバックテストの結果を載せます。

↓はGBPJPYでのバックテスト結果です。

↓はEURJPYでのバックテスト結果です。

いずれも1年分の結果ですが、右肩上がりになっていることが分かります。

ウルフ2の実際の取引結果

最近の取引結果を載せます。今後も随時更新していきます!!

証拠金100万円での運用結果です。

(ロジック漏洩防止のため一部にモザイク加工を施しております)

2020/5

+938,168円(利益率93.8%)

2020/6

+738,271円(利益率:73.8%)

2020/7

+566,962円(利益率56.7%)

コロナ禍の現在でもしっかりと稼いでおり、資産構築に最適です!!

ウルフ2が気になる!使ってみたいという方へ

申し訳ありませんが、ウルフ2はウルフの上位版のため、有料です。

元々稼げるウルフの上位版ということで、非常に人気のあるEAのため、今後、販売が中止されたり、値上げされる可能性がございます。

私の読者については、開発者に頼み込みまして、特別に限定5名の枠を頂きました。
現在、数多くのお問い合わせを頂いているので興味のある方は早めに連絡をお願いします。

お値段について気になる方も多いですが
開発者のご意向により、個別でのご案内となります。

ウルフ2のもっと詳しい内容を知りたい方は、まずは、私のLINE公式アカウントまでお問い合わせください。

また、悩んでいるという方もお気軽にご相談ください。

メッセージを送ったから、必ず買えとかそういう押し売りは一切行いませんので、どうか安心して問い合わせてください。

友だち追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます!!

今後もあなたのお金への不安が解消できるような情報を提供していきますので、
よろしくお願いします!

LINE公式アカウント友だち追加は↓から可能です!

 

PCの方はQRコードから追加できます!

ID検索もできます!
⇒LINE@ID: @641vtsxu