検証

エクシア合同会社はポンジスキームなのか?実態を調査

最近、老後の資産形成やFIRE(経済的に自立し、早期リタイアを実現する)を目指すために投資をする人が多くなりました。投資先もネットで調べると山のようにあります。

そんな中、累計出資金の合計額が490億円、累計出資者数が8,956人と多くの方が出資されている企業があります。それはエクシア合同会社(exia)です。2021年1月時点では390億円、2月で410億円とのことで、1ヶ月10~30億円ペースで出資金が集まっているようです。すごい人気です!!

しかし、これだけ出資者や出資金が集まると「ポンジスキームではないか?」と疑う声も出てきております。

本記事ではエクシア合同会社がポンジスキームなのかどうかを様々な視点から分析し、肯定的な意見、否定的な意見の両方を見ながら検証していきます。そもそも、エクシア合同会社って何?ポンジスキームって何?という方も必見です。

ポンジスキームとは?

ポンジスキームは詐欺の一種です。新規の出資者から集めたお金を何も運用せずそのまま横流しして既存の出資者に配当する手法です。実は、100年以上前から存在する手法です。

例えば、Aさんが友人のBさんから「月利10%で元本保証のある投資(X)があるけどやってみない?」と誘いを受け、100万円を投資を決めたとします。

その後、Xへ投資して運用が開始され、 Bさんが言っていた通り、毎月10万円がAさんの口座に振り込まれるようになりました。

すると、AさんはXの案件を信用し、投資額を更に増やしたくなり、別の友人に紹介するようになりました。その友人が出資してさらに別の友人が出資して・・・を繰り返し、Xに対する投資者と投資金額は次第に増加していきました。

ちゃんと10%の利益が振り込まれていますから詐欺にはないように見えますよね。信用してしまうのも納得です。

しかし、実際は、Xは何も運用しておらず、Aさん含む投資家から集めたお金をそのまま新規の投資家の出資金を切り崩して配当に充てておりました。

配当金の分だけ資金が減り続けてしまうため、これを繰り返すと最終的には資金が底をつき、破綻してしまいます。なのである程度投資金額が増えた時点で突然、行方不明となり連絡つかなくなります。要するに夜逃げですね。

これがポンジスキームと呼ばれる手法です。

最近で言うと、PGA(プランスゴールド)がこの手法を用いてトラブルを起こしております。

プランスゴールドについては以前、記事を書きましたので良かったら見て下さい。

エクシア合同会社が疑われる理由

利回りが良すぎる

とにかく利回りが凄いです。2020年は月平均3.19%、3月は5.40%の配当実績があります。年利(複利)換算で38.3%です。コロナ禍なんて全然関係ないですね・・・

普通預金の金利は、0.001%、定期預金だと0.01%程度だと考えるとあまりの利回りの良さに詐欺なのでは?と疑ってしまうのはあるのだと思います。

実際、利回りの良さをアピールした詐欺案件もたくさんありますので疑ってしまうのはあるかと思います。結果を載せているページはたくさんありますが、なぜこんな利回りで運用できるのかというのを説明している記事がないため本当にそうなのか?と疑ってしまうのではないかと考えます。

金融庁管轄外の合同会社

エクシア合同会社は「合同会社」という法人で運営されております。合同会社は金融商品取引業の登録が不要、運用報告のレポート開示が不要、運用対象の制限がないなどの特徴があるためあえて合同会社としてやっているのだと考えます。

運用レポートの開示の必要がないため、実際に運用してないことを隠せるというメリットが生まれてしまうため、ポンジスキームだと疑われてしまうのだと考えます。

ただ、これだけでポンジスキームと断言するのは難しいです。金融商品取引業の登録をしてしまうと、利回りの低い国債なども投資信託として盛り込まないといけないため、利回りのパフォーマンスが低下する可能性があります。そのため、出資者のリターンのことを考えてあえて登録していないというのも考えられます。

また、エクシア合同会社の子会社は金融商品取引業者として金融庁に認可されており、間接的には金融商品取引業者として登録されておりますので、金融庁管轄外というだけで詐欺だとか、ポンジスキームだとか判断するのは難しいです。

類似する名前の会社が実際にポンジスキーム使っていたから

当時、エクシア合同会社はエクシアジャパンという社名でした。これに凄い名前が似ている「テキシアジャパン」という会社がポンジスキームを使って資金を集め、2019年2月に関係者が逮捕されました。

「エクシアジャパン」と「テキシアジャパン」

ぱっと見て同じ名前のように見えるのがわかります。このあたりがポンジスキームやっていると疑われてしまうのではないかと考えます。

私、人から出身大学のこと聞かれて答えると、「駅伝出ている大学?」とよく言われます。名前が似ているだけで間違われるのはあり得ると思います…

実際の利用者や被害者はいるのか?

両意見があるようです。

肯定的な意見

特にブログで多いようです。

●ワーママ藤子のEXIA投資レポ(https://satex.jp/)
→実際にエクシア合同会社から振り込まれた金額が載った通帳を公開しているようです。

●EXIA体験記(https://micahfund.org/ponzi-scheme/)
→エクシアの当初から関わっている方が書かれたブログです。

否定的な意見

https://twitter.com/moja99758134/status/1391653117041668096?s=20

Twitterやブログを見ますと、実際に配当をもらっている方はいるようです。しかし、エクシアを中立的というより称賛に偏っているブログ記事が多く、個人的に胡散臭さを感じてしまいます。否定的な意見を書くと消されるから書いていないのでは?と思うところはあります。あと、高い利回りの理由は不明で運用の実態がブラックボックス化しているのも気になるところです。

まとめ

今回、エクシア合同会社について調べてみました。利回りは良いし、実際に結果載せているところもあるのですが、運用の実態が分からないというのはありました。

何か良い投資案件があった場合、多方面から情報を収集して判断することをおすすめします。

何かトラブルが発生した際、問い合わせても連絡がつかなかったり、返金されなかったりで出したお金が戻ってこないで泣き寝入りしてしまうケースが多いです。

私もいろんな投資案件をチェックしてブログ記事を更新していきますので参考にして下さい!!

最後までお読み頂き、ありがとうございます!!

natoのLINE公式アカウント友だち追加は↓から可能です!

natoの直通LINE
友だち追加
こちらのQRコードを読ませて頂いても登録可能です。

ID検索では「@934fnezx」と検索して下さい。

他にも

・○○という案件にLINE登録してしまったけど、大丈夫なのか?
・○○という案件に興味があるけど、LINE登録していいのか?

といった副業案件について相談されたい方は、LINEまでお気軽にご登録ください。